夏にぴったり!ゴーヤをおいしく食べるレシピ

ゴーヤのボートに乗った夏野菜のソテー

太陽をたっぷり浴びて育った夏野菜のシーズンがやってきました。この記事ではぶどうの木の過去のレシピから選りすぐったゴーヤのレシピを紹介します。どうぞおいしく食べてくださいね。

ゴーヤってこんな野菜です

ビタミンたっぷりで、薩摩料理・琉球料理によく使われています。

ニガウリ(ゴーヤー)は淡色野菜に分類されるが、ビタミン類やミネラルをバランス良く含み緑黄色野菜に匹敵する量のビタミンCが含まれています。

ゴーヤー1本あたりのビタミンC含有量は、キュウリやトマト1個の約5倍、レモン1個の約2倍含まれており、また通常ビタミンCは加熱に弱いが、野菜の中でも加熱に強いという特徴を持っています。β-カロテン、ビタミンE、カリウム、食物繊維なども豊富で、糖質をエネルギーに変えるビタミンB1も含まれている、まさに夏野菜の代表格。

ゴヤ―チャンプルーが有名ですが、揚げたり炒めたりする料理もおいしいです。

 

苦みが苦手な時は

ゴーヤの苦みが苦手な方は、砂糖と塩を使って苦みを取りましょう。お料理に合わせて切ったゴーヤに砂糖と塩(同量づつ、適量で)をまぶしてしばらく置きます。水分が出てきたら軽く絞ってから料理につかうと苦みが抜けます。

軽くゆでるのも苦みを取るのに効果があります。

ゴーヤをおいしく食べるレシピです

この中で一番にお勧めしたいのがゴーヤのジュースです。さっぱりしておいしいです。ぜひ一度食べてみてください。生またはさっとゆでたゴーヤで作るサラダもおいしいです。

ご購入はこちらから