食べておいしく美しく!パワーサラダの魅力

食べておいしく美しく!パワーサラダの魅力

パワーサラダとは、野菜、フルーツ、たんぱく質素材の3つの要素が入っているサラダで、日本人に不足しがちといわれるビタミン、ミネラル、そして毎日摂りたいたんぱく質を補うことで、一日に必要な栄養素とエネルギーを補給できる一皿です。ダイエットにも良く、食事としても優秀とのうわさ。おいしくきれいになるパワーサラダをご紹介します。

パワーサラダとは

パワーサラダとは、野菜、フルーツ、たんぱく質、という3つの要素が揃ったサラダ。日本人に不足しがちといわれるビタミン、ミネラル、そして毎日摂りたいたんぱく質を補うことで、一日に必要な栄養素とエネルギーを補給できる一皿です。

  1. 野菜
  2. フルーツ
  3. たんぱく質

基本の野菜が入るので、ダイエット中にも筋肉維持に欲しいたんぱく質を摂取しながら、野菜のビタミンやミネラル、フルーツの栄養素も取ることができます。具もたっぷりなので、食べて満足しやすいサラダなのです。

パワーサラダの効果

パワーサラダのメリットはいくつかあります。作って食べておいしいサラダなのです。

  1. 組み合わせが種類によるものなので豊富で飽きない。
  2. 栄養バランスが良く、ワンディッシュで必要な栄養が摂取できる。
  3. 不足しがちな栄養素がフォローできる。
  4. 見た目が豪華なものが多い。

作り方の基本は材料3項目を揃えること

基本の作り方は使う材料の種類によって分けていきます。

  • たんぱく質なら50g、野菜は175g、フルーツは100g程度のバランスで、材料を混ぜ合わせましょう。
  • 野菜も単品ではなく、緑黄色野菜、淡色野菜を意識してバランス良く取り入れましょう。
  • シーフードやチーズ、肉など、たんぱく質をとる食材によって組み合わせのバリエーションを考えると、アイデアが広がります。

おすすめの組み合わせ

シーフードとナッツ

海の幸でタンパク質。たんぱく質にツナやエビを使った、シーフードベースのパワーサラダです。手軽に入る野菜とナッツのくるみを加えて、歯ごたえも意識したサラダ。歯ごたえがあると咀嚼により満足度も上がり、ダイエット中の人も満腹感を感じやすくなります。

アップルウォルナッツ(リンゴとクルミ)

おいしくて栄養もいいサラダ。サラダでは比較的よく使われるりんごは毒素を排出してくれる効果もあります。りんごに合うルッコラやローストビーフだけでなく、ブルーチーズも加えたたんぱく質の種類にもこだわってみましょう。

豚肉とドライフルーツ

たんぱく質に豚肉を取り入れたパワーサラダ。豚肉というとカロリーが高そうと感じる人もいますが、豚肉はビタミンBが豊富に含まれています。ドライフルーツやカシューナッツを使ったドレッシングがサラダとよく合います。ビタミンをたっぷりとってバテ防止に。

鶏ササミとリンゴ

フルーツの摂取に、りんごのドレッシングがやさしい味のパワーサラダです。たんぱく質にはチーズと卵の他に鶏のささみ。ほうれん草やベビーリーフのように葉物野菜が様々入っても、りんごのドレッシングが上手くまとめ役になってくれます。食欲をそそるにんにくも加えると、スタミナもつきます。

パワーサラダのレシピ

パワーサラダにおすすめの有機野菜