にんじんジュースを「続ける」習慣にするポイント

にんじんジュースには免疫力アップや新陳代謝を活発にする栄養素がたくさん入っています。でも、その栄養素は体に中に長くとどまることはできません。新鮮なジュース飲むのを続けていただきたいと思います。継続は何よりの力です。続けて下さいね。私たちの体は、骨も血液も内臓も、細胞が日々少しずつ入れ替わっています。 見方を変えれば、何年かの周期で、新しい自分に生まれ変わると考えることもできます。

季節のくだもので味に変化を

毎日飲むにんじんジュース、レモンの代わりに季節の柑橘類(甘夏、晩柑、グレープフルーツやゆず、かぼす、伊予柑、河内晩柑など)を使うと、味の変化を楽しむことができます。にんじんジュースを作ってから、柑橘類のしぼり汁を入れてお召し上がりください。

また、りんごも季節により品種が変わりますので、味や香りの違いを楽しんでください。

寒い時期には室温で

寒いとにんじんジュースを飲むがつらくなるときがあります。そんな時は人参を冷蔵庫から出して、室温(暖房の効いた部屋)に戻すと飲みやすくなります。また生姜を入れると体が温まります。小さなことですが、ジューサーの部品をお湯で温めるのもおすすめ。

買いやすい価格も重要

続けるために必要なことはいくつかありますが、お求めやすさも大切な条件だと思います。ぶどうの木のジュース用にんじんは、割れたりかけたり、ひびが入ったりしている規格外の人参です。

正規品の有機栽培にんじんと同じ畑で同じように育った正真正銘「有機栽培」の人参ですが、正規品の人参の半分ほどの価格で、毎日ふんだんにジュースに使って頂けます。

注文忘れや注文の手間をなるべく省く

続けるときに結構煩わしいのが、にんじんの在庫の管理や注文手続きです。そんなときは定期購入がとっても便利ジュース用にんじんの購入者様の70%が定期購入を利用されています。

ぶどうの木のジュース用にんじんの定期購入

にんじんの量が選べます

お届けするにんじんの量は、3kg、5kg、8kg、10kg、12kg、14kgの6種類から選べます。

変更・手続きが簡単

お届け希望日や間隔(3日〜31日まで)が自由に設定でき、お休みの手続きも簡単です。 ご自身のペースで無理なく続けられます。

5%OFFでお得

続けてほしいから少しでもお得に。定期購入商品は、5%OFFでお届けします。

無理をしない

にんじんジュースを続けるためには、手作りにこだわりすぎないことも大切です。市販のジュースなどを上手に使って無理なく続ける工夫をしましょう。作りたての手作りジュースに比べると、市販のジュースは栄養価では多少落ちますが一番大切なのは続けること。

市販のジュースも併用する

にんじんジュースを作る時間や体力のない時、外出や旅行時用に、常備しておくと便利です。おすすめの市販ジュースを紹介します。

ヒカリ食品 有機JAS認定 有機にんじんジュース

国内産有機栽培にんじんだけで作ったジュース。家で作るにんじんジュースに近い味です。 人参がない時やジュースを作る体力のない時にどうぞ。常備しておくと便利です。旅行や出張にも便利です。

ぶどうの木 にんじんとりんごのミックスジュース

国内産特別栽培にんじんを丸ごとすりつぶしており、繊維質をはじめとする栄養がたっぷりと含まれています。りんごが入っているのでやや甘め。ドロドロの「食べるジュース」です。

健康赤汁(冷凍人参ジュース)

家で作ったのと同じ風味の冷凍人参ジュース。人参がない時やジュースを作る体力のない時にどうぞ。旬の時期に収穫した人参をその日のうちにマイナス18℃で瞬間凍結しており、冷凍庫で製造日から1年間保管できます。

まとめ

いくら体にいいものがあっても、続かなかったら「いいもの」ではありません。おいしさ、作りやすさ、そして価格。にんじんジュースを長く続けていただくために大切なことだと思います。

体調が悪いときにベストは出せません。健康で体力が充実していてこそ、あなたが思ういい人生を送ることができます。だからこそ体調をコンスタントに維持できるよう、自分の体を愛おしんで欲しい。そんな願いを込めてお手伝いさせていただきます。