紫南高梅で作る梅シロップ

紫南高梅(別名パープル南高梅)は梅酒や梅シロップがきれいな赤紫色にでき上ります。青梅で作るレシピと異なる点が一つ。2~3週間ほどで梅を取り出すこと。シロップを使ったゼリーやかき氷のシロップもおすすめです。

材料

  • 紫南高梅・・・1㎏
  • 氷砂糖・・・1㎏  手に入れば白双糖(しろざらとう)がおすすめです。
  • 瓶・・・熱湯、アルコール、焼酎等で殺菌します。
  • 竹串・・・アルコールや度数の高い焼酎で殺菌してから使います。

 

作り方

1.ビンを消毒します。

熱湯で煮沸消毒、または消毒用アルコールや度数の高い蒸留酒で殺菌します。ビンに熱湯・消毒用アルコール・お酒を少し注いで傾け、回します。

消毒液を捨ててからきれいな布巾などで水気をよくふき取ります。ビンの口を下にして、日の当たるところで乾燥させます。
※耐熱でないビンに熱湯をためると割れる恐れがあります。耐熱であることが確認できない場合は煮沸消毒はおさけください。

2.梅を水で洗い、水気をふき取る

梅を水で洗い水気をふき取ります。ボウルに入れて流水できれいに洗います。そのあと梅の水気を拭き取ります。カビを防ぐために水気はきっちりと拭き取りましょう。

 

3. 梅のヘタを竹串で取る

水気を取ったら、竹串を使ってヘタをひとつひとつ取り除きます。面倒ですがヘタを取ることで、エグ味がなくなりさわやかな味わいになります。(※取り残しがあるとヘタが外れて上に浮かんできます)

4. 梅と砂糖を入れる

梅をガラスビンの底に入れ、その上に砂糖をのせ、砂糖と梅を交互に入れます。最後に砂糖をふたをするようにのせます。

エキスに漬かっていない状態の梅は発酵する可能性があるので、できるだけエキスに漬かるように毎日混ぜたり振ったりするようにしてください。

5.ビンを冷暗所に置いて保管する

きちんとふたをして冷暗所で保存してください。翌日からエキスが溶け出してきます。お砂糖が底にたまるので、溶けやすくなるように、できれば毎日ビンをゆすってください。1週間ほどでエキスはほぼ上がります。2~3週間ほどで出来上がります。梅がしわしわに小さくなったら取り出してください。

この状態ではまだ梅が「ふっくら」しています。もうしばらく待ちましょう。

これくらい「しわしわ」になったら出来上がりです。梅を取り出しましょう。

6.殺菌してアクを取る

梅ジュースができあがったら梅を取出し、漬け込んだ梅ジュースを鍋に移し替えて殺菌します。沸騰しないように加熱殺菌して、アクをとって冷まして、冷蔵保存してください。そのあとは冷蔵庫で保管してください。

コツ・ポイント

梅の実を入れたままにしておくと、エキスに溶けだした色素がまた梅に戻ってしまいます。忘れず取り出しましょう。

道具や手の消毒が不十分だとブクブクと醗酵してしまいます。醗酵したら梅の実・エキスを煮沸して醗酵を止めましょう。砂糖に浸っていない梅も醗酵しやすいため毎日ゆすって梅が佐藤に漬かるようにしましょう。

紫南高梅の購入はこちらから

まとめ

紅紫色の梅シロップは香りもよく、とてもきれいです。大切な人と特別な日に召し上がって下さいね。ゼリーを作ったり、かき氷のシロップもおいしく召し上がっていただけます。

紫南高梅はパープル南高、またはパープルクィーンと呼ばれる新しい品種で、生産量がわずかです。ぶどうの木でも早々に完売しました。どうぞお早めにご注文下さい。梅畑の中でこんな風にお日様をたっぷり浴びて育っています。

 

そのほかの梅仕事のレシピです。作ってみてくださいね。