梅肉エキスの作り方

子供のころ母が作ってくれた梅肉エキス。今家族のために毎年作っています。たくさんの梅からほんのすこししかできませんがこれがあると安心できます。煮詰めて作りので有機の梅で作るのがおすすめです。

このページの目次

材料

  • 青梅(初期に出る青海の強く固いものがおすすめ。)

健康のために作る梅肉エキスです。農薬の心配のない有機栽培の梅を使いましょう。

用意するもの

  • おろし器  セラミック・陶器のもの、酸性が強いので金属やプラスチックは避けてください。
  • ボール  ガラス・ホーロー、陶器のどんぶりでもOK。金属やプラスチックは避ける。
  • 越し布  目が細かいもの。木綿の晒(さらし)がおすすめです。
  • 鍋   土鍋またはホーロー製のもの 底面積が大きなものが作業しやすいです。
  • 木べら・スパチュラ シリコンのものが扱いやすいと思います。
  • 保存容器 密封できなくても構いません。酸に強いガラス・陶器・ホーローなどでできたもの。

作り方

  1. 青梅は水で洗い、水気をきっておきます。
  2. おろし器で青梅の果肉を皮付きのまますりおろします。大量に作る場合は袋に入れて麺棒・すりこ木などでたたいて種と果肉を分け、果肉をミキサーにかけると簡単です。
  3. すりおろした、またはミキサーにかけて細かくした果肉を越し布に入れ、汁をしぼります。水分が残らないようにきつく絞ります。
  4. 梅のしぼり汁を、鍋に移し火にかけます。最初は弱めの中火、沸騰が始まったら弱火にします。焦げやいです。時々火を止めながらゆっくり加熱するとうまくできます。
  5. 煮詰まると黄色いあくが出てきます。このあくはスプーンやキッチンペーパーなどを使って丁寧にとります。
  6. 表面がつやつやしてきたら出来上がり。冷めると固くなるので少し緩いくらいで火を止めましょう。
  7. あら熱がとれたら消毒した保存容器に入れて保管します。


梅肉エキスにおすすめな、こちらの特選青梅。大粒なのですりおろしが楽です。どうぞご利用ください。