小梅を使った梅干しの漬け方

小梅の重量に対して18%の塩で漬けます。普通の梅干しでは梅と同量から2倍の重量で重石するのがおすすめですが、小梅の場合は軽めの重石のほうがふっくらと漬かります。

材料

  • 小梅
  • 塩 ── 小梅の重量に対して18%

作り方

  1. 梅のなり口についた花の残りやへたを取ります。
  2. 小梅の重さを量って塩の量を計算します。今回は1,375gの梅に対して塩は18%ですから、塩を248g用意します。
  3. 水にさらします。30分から1時間くらい。短時間でかまいません。
  4. 清潔なタオルやふきんで梅の水分を丁寧に取ります。
  5. 消毒した入れ物に梅と塩を入れます。塩が全体に混ざるように塩と梅を交互に入れます。
  6. 重しをします。皮が破れないように、また全部の梅にまんべんなく重さがかかるように「水」で重しをしました。袋が破れると梅が水浸しになってしまいますので袋を2重にして予防しましょう。梅と同量から2倍の重量がおすすめですが、小梅の場合は少なめのほうがふっくらと漬かります。
  7. 4日後、梅酢が上がってたらおもりを半分にし、梅が常に梅酢に浸かっているようにします。梅酢から出ているとカビの原因になります。

梅干し用 小梅のご案内

「梅は皮ごと生のまま丸ごと食べるもの。安全なものを、安心してお召し上がりいただきたい」生産者さんの願いがこもった梅を厳選してお届けしています。有機JAS梅です。農薬・化学肥料を一切使用していません。どうぞ安心してお召し上がりくださいね。