ケールチップス

生ではちょっと食べにくいケールですが、乾燥してぱりぱりにすると食べやすくなります。栄養価は生で食べるのとほとんど変わりません。食べやすいので作ってみてくださいね。小型の密封容器に入れて持ち運び、おなかがすいたときにさっと食べられます。

紹介

ケールはアブラナ科の野菜。アブラナ科(ブロッコリー、カリフラワー、キャベツetc…)の野菜には身体によい物質が多く含まれているようですが、このケールの栄養価は高く、「青汁」でご存知の方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

このケール、乾燥してケールチップスを作るととてもおいしいんです。お客様に教えていただいて始めた食べ方ですが、とても気に入っています。

何かに似てるんです、この食感。。。韓国味付け海苔の食感に似てるんですよ、この表面の油と塩加減。ごま油で作るとご飯のおともにぴったりです。ぜひ作って食べてくださいね。ケールじゃなくてもホウレンソウや春菊、キャベツでもできます。

材料

  • ケール生葉
  • オリーブオイル

作り方

  1. ケールを食べやすいサイズにちぎる
  2. オリーブオイルと塩をふる
  3. ベーキングシートに一枚づつ並べる
  4. 150-160℃に温めたオーブンで約20分ほど、カリカリになるまで焼く。最後はカリカリ感をだすためにちょっと温度あげたりします。

コツ・ポイント

  • オーブン2段で調理する場合は途中で上下を入れ替えるとおいしくできあがります。
  • ケールは栄養価が高いですが、生でそのまま食べるにはちょっと食べにくい。おなかがすぐにいっぱいになって量が食べられないし、青汁は毎日作るのがちょっと大変。ケールは加熱しても栄養価は殆ど壊れないので、ケールチップでも召し上がってみてくださいね。