りんごの保管はなぜ木箱なのか

いつもぶどうの木をご利用いただき誠にありがとうございます。
ぶどうの木の高橋将大です。

名古屋でも少しずつ冬の寒さが増しており、布団から出ることがだんだんとつらくなってきております。

ただ、先日青森県の農家さんに会いに行ったときには”みちのく有料道路”を使用したのですが、吹雪で車が走っているのか滑っているのか訳が分からない状況だった時に比べれば寒さなんでないようなものですね。

こんなもの雪国の方に言わせると吹雪にならないのでしょうか?
私にとっては猛吹雪でした。。。

さて話は変わり今回の産地訪問の際にりんごの貯蔵冷蔵庫を見せていただきました。

これらの木箱の中身はぜーんぶりんごです。
現在収穫・選別中だったため冷蔵庫は半分くらい空いておりましたが(でも通路を考えると適性密度だと思うのですが)選別が終わると入り口までびったり木箱で埋まるそうです。
取り出すときは入り口近くのものからしか出せないため冷蔵庫に入れていく順番も大事なんだとか。

私は長年、ずーっと気になっていたことがありました。
なぜりんごの保管は木箱なのか。

理由は”色づき”のため。
木箱の成分(なんという成分だったかは失念しました。すみません)により、りんごの赤みが増すため木箱での貯蔵を行っているそうです。
出荷は重いし運びにくいため段ボールを使用しております。

これから春先までおいしくて安心なりんごを出荷してまいります。