2019年 レモンのシーズンがスタートしました。

7月2日、レモンの収穫が始まりました!食事療法中のみなさま、夏でも安心なレモンがあります。「夏レモン(高知県産)」です。国産・特別栽培なので安心、たっぷりお使いください。

2019年のレモン シーズンが始まりました。

レモンのシーズンが始まりました。今年は7月からお届けできます。産地は高知。もちろん安心安全な特別栽培レモン。国産レモンはポストハーベストやワックス防腐剤の心配がなく安心して食べることができます。ぶどうの木の夏レモンはその中でもさらに安心な特別栽培です。どうぞたっぷりお使いください。

 

7月2日のレモンの様子をお伝えします。

入荷したレモンです。サイズは大きいもの120g前後から小さいもの90gくらい。糖度は7.8度(ばらつきがあると思います)。1cmくらいの輪切りで大き目のカレースプーン1杯のレモン果汁が絞れました。

 

皮はエメラルドグリーン。果肉は固めです。カットした断面をご覧ください。

レモンを1年を通してお届けします。

ぶどうの木でレモンをご利用いただいている方のほとんどが、レモンを食事療法にお使いになられています。健康のために使うレモンだから安心できるレモンをお届けしたい。私たちはそう思って、なんとか6月初めまでレモンを育てていただいてきました。しかし、特別栽培レモンは6月で完売となり、有機レモンの入荷数は7月に入るとごくわずかになります。

国産レモンのない時期には、オーガニックレモン果汁を替わりにおすすめしてきましたが、しぼりたてのフレッシュなレモンには栄養価、香りなどで勝てません。

夏にレモンをお届けするため産地と話し合いながら挑戦を続けてきました。昨年は8月に和歌山から出荷、今年は7月高知からの出荷が可能になりました。これでレモンの通年お届けが可能になりました。

今後のレモン、こんな風にお届けします。

例年のレモンの様子です。固く濃い緑色のグリーンレモンから始まり、だんだん色は黄色味がかかってきます。果汁の入りも良くなります。一年中手に入るレモンですが季節によって姿を変えます。レモンの色づきを楽しんでくださいね。

*下記に過去のレモンに関するお知らせの記事を集めました。

まとめ 私たちのレモンへの思い

食事療法にお使いいただいているレモン。何とか夏の間もお届けしたくて今までいろいろ試してきました。新潟の雪室にレモンを運んで保管したこともありました。しかし保管できず運び込んだ大量のレモンは腐ってしまいました。過去こんなチャレンジもしました。

レモンとりんご ~新潟の雪の中で貯蔵中です~(2013年3月の記事です)

 

アメリカ産の有機レモンのオファーもいただきましたが、長い距離を運送すること、できれば国産を扱いたい(国内農業の発展を願がうため)国産レモンにこだわって開発を続けてきました。

今回レモンの通年販売が可能になりとてもうれしいです。どうぞ安心してお召し上がりください。国産レモンです。

 

  • 公開
  • 更新
  • カテゴリ 入荷情報
  • タグ