アニマルウェルフェア 家畜の適切な飼育環境を守るために

スイスの放し飼い牛

「アニマルウェルフェアとは、動物の生活とその死に関わる環境と関連する動物の身体的・心的状態」と定義されています。 この記事では私たちぶどうの木が思うアニマルウェルフェアの定義。そしてアニマルウェルフェアの観点から選んだお肉や卵をこの記事内で紹介します。

アニマルウェルフェアってどんなこと?

  我が国も加盟しており、世界の動物衛生の向上を目的とする政府間機関である国際獣疫事務局(OIE)の勧告において、「アニマルウェルフェアとは、動物の生活とその死に関わる環境と関連する動物の身体的・心的状態」と定義されています。
アニマルウェルフェアについては、家畜を快適な環境下で飼養することにより、家畜のストレスや疾病を減らすことが重要であり、結果として、生産性の向上や安全な畜産物の生産にもつながることから、農林水産省としては、アニマルウェルフェアの考え方を踏まえた家畜の飼養管理の普及に努めています。

出展 農林水産省Webサイト   https://www.maff.go.jp/j/chikusan/sinko/animal_welfare.html

 

家畜とは人間が食べたりその皮膚を革や毛皮として利用するために飼育されている動物の事。

アニマルウェルフェアを簡単に表現すると、牛や豚、鶏などの家畜をストレスのない環境で飼育し、抗生物質やホルモン剤などの薬品も投与せずに、健康的な生活で育てることを指します。

ぶどうの木がアニマルウェルフェアを進める理由

人間も生き物。ほかの動物や生き物の命をいただいて生きています。でも、その生き物たちが、人間の欲望を満たすためのだけに工業的に粗末に育てられているのは人間中心な考えではないでしょうか。もちろん、家畜は経済的動物で愛玩の対象(ペット)ではありません。それでも、私たちが口にするもの・使うものはそれぞれのいのちを尊重して育てられたものであってほしいと思います。

私はアニマルウェルフェアという概念を知るまで、家畜がどう育てられ、どんなふうに製品になって私たちの手元に届くのか考えたことがありませんでした。今後食べ物をみなさまにお届けするものとして、その過程をみなさまにお伝えしていこうと思いました。

アニマルウェルフェアの観点で育てられたお肉や卵。それが私たちの食卓に届くまでの事をお伝えしながら、いいお肉・いい卵・いい商品をご紹介してまいります。

私たちはこの3つ観点で商品を選んでます

1、 安心で安全

抗生物質や成長ホルモンなど、化学的な薬剤をできる限り使わないもの。可能な限りぶどうの木の近辺、地元で育てられ加工されたもの。

2、 無理のない価格帯

毎日無理なく続けて食べられる価格、普段使いの食卓に乗せられる価格帯のもの。また生産者さんや加工者さんが継続可能な価格であること。

3、生産者さんや加工業者さんと信頼関係が結べる事

この人が作ったものを食べてほしい、そう思える生産者さん・加工業者さんが作ったもの。

お肉やソーセージ・お惣菜を作っているお肉屋さんの社長田代さん。田代さんはお肉大好きなキュートなお母さん社長。ぶどうの木とは田代さんのお父様の代からの長いお付き合いです。

卵の生産者飛鳥さんは、三重県の愛農学園農業高校の出身。ぶどうの木の高橋将大と同窓生です。飛鳥さんは将大の3歳年下。将大が卒業した次の年に飛鳥さんが入学しています。

日本で唯一有機農業を学ぶ私立の学校 愛農学園農業高校。愛農高校は無視や微生物までを含めた「命を大切にする農業」を実践する高校。同じ志のもとに同じ学び舎で学んだ同士です。

愛農学園農業高等学校についてはこちらをご覧ください。

学校法人 愛農学園農業高校 https://ainogakuen.ed.jp/

鶏肉  奥三河どり 輝(かがやき)

ぶどうの木の鶏肉は「奥三河どり 輝(かがやき)」。愛知県設楽郡の段戸山(愛知県、岐阜県、長野県の県境の山)の高原地でのびのびと育てられた鶏が奥三河どりです。その中でも輝(かがやき)は長期間無投薬(実際には完全無投薬)、木酢液飼料の投与により、健康に育った鶏です。

飼育期間は約2か月。その間ずっと鶏が健康でいられるように様々な工夫をされています。特に「輝」は抗生物質などの薬品に頼らない飼育にこだわっているので安心・安全はお墨付き。味わいも格別で、独特の臭みがなく鶏肉のおいしさだけを味わえます。

ぶどうの木でお届けする「奥三河どり」は新鮮な鶏肉を新鮮なうちに急速凍結しています。!鮮度が落ちるのを気にせず、いつでも好きな時においしい鶏肉を食べていただけます。

△ 奥三河どりはこちらから

豚肉  美濃ヘルシーポーク

お届けする豚肉は健康でおいしい美濃ヘルシーポーク。美濃ヘルシーポークを名乗ることができるのは岐阜県下指定農場で育てられた銘柄豚だけ。 親豚を「ハイコープ豚」と岐阜県の「ナガラヨーク」の系統豚のみに限定しています。

専用飼料を給餌した健康で美味しい豚肉です。専用飼料には、セサミン(ごま)、ミネラル(海藻粉末)、カテキン(茶粕)を配合しました。 販売者登録制度があり基準を満たした事業所だけでしか販売できません。

ぶどうの木で扱うお肉はその中でも、5日以上枝肉の状態で吊るし熟成を掛け、天然の力で旨味を凝縮させてから丁寧に処理をしたお肉です。

美濃ヘルシーポーク(豚肉)はこちらから

お惣菜  ハム・ソーセージやお惣菜

厳選された材料をシンプルな調味料だけで味付けし加工したハムやソーセージ。天然の旨味で化学調味料を足す必要などなく、また温度管理を徹底して、重合リン酸塩や亜硝酸ナトリウムなどの食品添加物を使わなくても食感のいい。おいしい製品を作っています。このソーセージは8人の女性スタッフが手作りします。

お惣菜は「国産・無添加・手作り」をコンセプトに、お母さんスタッフがていねいに作ります。焼くだけ・たれ付きで簡単でボリュームも満点、そんなお惣菜や、冷蔵庫にある野菜を入れて焼くだけの味つけ肉など添加物がないものなどバラエティも豊かです。

△ ハム・ソーセージはこちらから

△ お惣菜はこちらから

卵 平飼い飛鳥の卵(淡くやさしいおいしいたまご)

広い鶏舎の中、ニワトリたちは食べたいときに餌を食べて、土を掘り返したり、体を休めたりゆっくりとのびのびとすごしています。

平飼い鶏舎でくつろぐ鶏

鶏は広々とした平飼いの鶏舎で育てられ、のびのびと生活しています。ケージ飼いとは異なり、自由に歩き回り地面をつつき砂浴びをしたり日光浴をしたり、夜は止まり木にとまって安心して寝ています。

狭いゲージ飼いでは鶏はストレを受け病気が発生しやすく、鶏を薬漬けせざるを得ません。この悪循環から守るため、鶏舎の中で十分運動できるような環境で育っています。ストレスがかかりにくい育て方なので鶏同士の喧嘩やいじめも少なく、健康で元気な鶏に成長しています。

△ 飛鳥の卵はこちらから

まとめ お肉も卵も感謝していただきましょう

タンパク質は、成長期のお子さんの体を作る栄養素として知られていますが、体の大きさがこれ以上成長しない成人においても重要な栄養素です。成長期の子どもだけではなく、成長が終わった成人や高齢者も毎日タンパク質を摂取することが大切です。

野菜もお肉も卵も体を作る大切な栄養分。たんぱく質もしっかりとりましょう。そして、環境に配慮して育てられた、かつ安心して食べられるお肉や卵を選びましょう。

毎日のお買い物は選択です。いいものを購入することは、それを作った生産者さんを応援することになります。持続可能な社会を作っていきましょう。

平飼い 鶏舎で生き生き過ごす鶏

平飼い。鶏舎の中でのびのびと暮らす鶏。楽しそうです。すべての家畜が、こんな風に幸せに暮らせることを信じて。

  • 公開
  • 更新
  • カテゴリ お知らせ
  • タグ