ほとりさんの柑橘食べ比べセット 4月11日到着分をお知らせします

旬のおいしいかんきつが届くほとりさんの食べ比べ。4月のお届けがありました!

今月もおいしくて楽しいみかんが届きました。このセットをもっとみなさまに知っていただけるよう届いた内容をお知らせします。

今日届いた4種類です。

4月初め、今日届いたお花は「麦の穂」。九州は麦秋なのですね。

今月のみかんは「南津海(なつみ)」「はるか」「甘夏」「黄金柑」とレモンの合計5種。今月の4種のみかんを紹介します。

  • 南津海(なつみ) 山口県でカラマンダリンの珠心胚実生として誕生したと説明がありました。酸と糖のバランスがよく濃厚な味と書いてありました。色が濃く香りも高く甘いみかんでした。濃厚です。皮が薄いのでちょっと剥きにくいです。
  • 黄金柑(おうごんかん) 主に鹿児島地方で栽培されてきたピンポン玉のような大きさで、表皮の黄色い部分だけをナイフでむき、白い皮も一緒に切って食べるそうです。でも、個人的には皮が分厚いので実だけ食べたほうがおいしいと思います。初夏の香りのミカンです。
  • 甘夏 元来のポンカンにオレンジ「マルチーズブラッド」ご花粉を交配して育成したミカンです。この時期の甘夏は酸が抜けまろやかでとてもおいしいです。皮も利用できるのも高ポイント!
  • はるか 日向夏の自然交配で実生(種から育つこと)で産まれた品種で、皮をりんごのようにナイフでむいて白いわたごと食べるそうです。さわやかな上品な甘みでした。

わぁー、何が入ってるかな

箱を開けると色とりどりのみかんが入っています。「わぁ、おいしそう。何から食べようかな!」と歓声が上がります。

みんなで分けっこして味の違いを感じるのが楽しいです。

お手紙とお花の心づかいがうれしい

何が入っているかな、とワクワクしながら箱を開けるとほとりさん直筆の「ミカン山便り」、そして季節の花、今月は麦の穂が入っていました。みかんを食べるだけでなく、みかんが育った山、みかんを作って下さっている方の思いがいっぱい詰まっています。

その時一番おいしいみかんが届く「ほとりさんの柑橘食べ比べセット」。中身はどんどん変わります。あなたにも食べていただきたい。大切な方への贈り物にもどうぞ。