おいしいお弁当を持ってお花見に行こう

お弁当を持ってお花見に行こう

桜の季節がやってきました。今年は桜の開花も早く、3月末から4月頭にかけて全国的に開花するようですね。週末にお弁当を持って家族でお花見に出かけませんか? 桜の下で食べるお弁当は家族の大切な思い出になること間違いなし! 一年に一度、貴重な時期だからこそお弁当を持ってお出かけしましょう。

手作り弁当はいいことがいっぱい!

市販のお弁当と比べてこんなにいいことがあります。

  • 栄養バランスがいい。
  • 添加物などが入っていないから安全。
  • 味付けも濃すぎることがない。
  • 使った材料がきちんとわかる。
  • 一緒に作れば家族の絆が深まる。

簡単・おいしいレシピのご紹介

たっぷりの有機野菜で作る簡単・おいしいレシピをご紹介します。当日の朝、たった30分でできるメニューを考えました! 家族の笑顔があふれるお弁当が簡単にできます。パパも子供も大喜び!お弁当の豪華メニューです。

菜の花の春色おむすび

菜の花を刻んでおにぎりに!

材料

  • お米 :3合
  • 菜の花:1把
  • 塩  :適量

レシピ

  1. 菜の花1把をたっぷりのお湯でさっと茹でます。この時少量のお塩をお湯に入れると菜の花がきれいになりますよ。
  2. 菜の花を切ります。花の近くは5cmくらいに大きく切り、茎の部分は小さく切ってください。
  3. 炊きあがったご飯に切った菜の花を混ぜて、おにぎりにしていきます。この時に切るようにしゃもじを入れると菜の花をつぶさずきれいに混ぜ込めます。

フライドポテト

子供も大人も大好き!大人用は少し味付けを濃くすればおつまみにもなります。二度揚げすることにより外はカリッと、中はふわっとの食感になります。お好みでケチャップやマヨネーズなどを持って行ってもいいですね。

材料

  • 新じゃがいも:400g一袋(2-4玉)
  • 塩     :適量

レシピ

  1. じゃがいもをくし切りにします。皮はお好みで剥いてください。私は皮つきが好きなのでそのまま。
  2. 30分ほど水にさらした後、しっかりと水気をとります。
  3. 160℃くらいの低い温度で3-4分ほど揚げます。
  4. 1度油から取り出し、2分ほど休ませます。
  5. 180-190℃くらいの高い温度で3-4分ほど揚げます。
  6. 油から出し、塩を振って完成です。

ピーマンと牛肉の炒めもの

メインの料理。みんな大好きチンジャオロース!

材料

  • 牛肉  :300g
  • ピーマン:4-6個
  • タケノコ:半個
  • セロリ :1本
  • しょうが:1片
  • にんにく:1片
  • 醤油  :適量
  • オイスターソース:適量
  • お酒  :適量
  • ごま油 :適量

レシピ

  1. 牛肉を細切りにし、醤油・お酒・ニンニクに漬け込みます。牛肉の下味だけで味付けを終わらせますので濃いめに漬けます。
  2. ピーマン・タケノコ・セロリも同じ細さに統一し細切りします。
  3. フライパンにごま油をしき生姜とにんにくを炒めます。
  4. 香ばしくなったら、お肉を入れ炒めます。
  5. お肉に火が通ってきたらピーマン・たけのこ・セロリを入れ、ピーマンがしんなりしてきたら完成です。

ラディッシュの甘酢漬け

飾り切りして甘酢に漬けると食べやすくて彩り豊かに! 本当は一晩くらい漬け込むとおいしいのですが、もみこめば30分くらいで浅漬けくらいに漬け込めます。

材料

  • ラディッシュ:一袋
  • 酢     :適量
  • 砂糖    :適量
  • 塩     :適量

レシピ

  1. ラディッシュはそのままだと甘酢がしみないので飾り切りをします。
  2. 酢と砂糖と塩をビニール袋に入れます。
  3. そこに飾り切りしたラディッシュを入れて漬け込めば完成です。

ほうれん草のおひたし

ごま油とオイスターソースでエスニック風味に。

材料

  • ほうれん草:1把
  • 白だし  :適量
  • 薄口醤油 :適量
  • みりん  :適量

レシピ

  1. ほうれん草を切らずにさっと茹でます。根っこの部分を切っても良いのですが、私は根の赤い部分が好きなので残します。
  2. 茹でたほうれん草は冷水で急冷し軽く絞って5cm程度の幅で切ります。
  3. 切ったほうれん草の水気をしっかりと絞り、だし・醤油・みりんに浸して味がしみたら完成です。だしと醤油とみりんは大体の割合で8:1:1くらいです。

準備と作業内容

準備はたったこれだけです! 「ママおいしい!」「ありがとう!」そんな声が聞こえそう。少しだけ早起きしてお弁当を持ってお出かけしましょう!

前日の準備

  • ほうれん草と菜花を茹でて刻む
  • ほうれん草はおひたしにしておく
  • ラディッシュを切り甘酢に漬けておく
  • じゃがいもの皮を洗う

当日の朝

  • おにぎりを作る
  • ポテトを揚げる
  • チンジャオロースを作る
  • 果物などはそのまま持参。現地でカット。

お花見のお弁当作りにおすすめ商品はこちら

  • 更新
  • 公開