新型コロナウイルス感染症の予防対策

ぶどうの木ではみなさまに安心してお野菜をお召し上がりいただくため、農林水産省のガイドラインに基づき、新型コロナウイルス感染症への予防対策と、野菜の衛生管理として次の取り組みを行っております。どうぞ安心してお召し上がりください。

私たちの取り組みを改めてお知らせさせていただきます。

スタッフの感染予防対策

【始業前】

マスク・ヘアキャップ着用、体温・体調の記録、薬用せっけんで手洗い

【昼食休憩】

昼食前・食後に薬用せっけんで手洗い

【出荷作業】

有機小分け格付けに使用するテーブルおよび使用する器具類は使用前、使用後に消毒用アルコール、または規定濃度の次亜塩素酸で殺菌しています。その後清潔なタオルでからぶきを行い乾燥後に作業をはじめます。

  • 不特定多数の人が頻繁に触る箇所(ドアノブ、手すり、スイッチ、水道の蛇口など)は消毒用アルコール、または次亜塩素酸で定期的に除菌しています。
  • 密閉した空間になりがちの事務所では除菌効果のある空気清浄機を設置しています。
  • 事務所など屋内施設では1時間毎に10分程度換気をしています。
  • 体調の悪いスタッフは直ちに休んでもらっています。
  • スタッフのこまめな手洗いとうがいを励行しています。
  • ぶどうの木の野菜は有機栽培(無農薬栽培)のため、化学薬品を一切使っておりません。そのため新型コロナウイルスの流行とは関係なく、日頃から掃除や衛生管理に力を入れて取り組んでいます。
  • 来客受け入れの際は、手洗い(手指消毒)、マスク着用の協力を依頼しております
  • 【社外業務について】
    ・不要不急の出張は自粛しています。
    ・懇親会や宴会などへの参加は禁止しています

 

以上の対応により、今後も社内外への感染リスクを避け、十分な安全確保のもとご注文を承りお送りさせて頂きます。何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

食品を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる報告はありません

新型コロナウイルス感染症の感染経路は、現時点では飛沫感染と接触感染の2つが考えられます。食品そのものにより、新型コロナウイルス感染症に感染したとされる報告はありません。

製造、流通、調理、販売等の各段階で、食品取扱者の体調管理やこまめな手洗い、アルコール等による手指の消毒、咳エチケットなど、通常の食中毒予防のために行っている一般的な衛生管理が実施されていれば心配する必要はありません。(農水省HPより抜粋

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)

問10 食品を介して新型コロナウイルス感染症に感染することはありますか?

 新型コロナウイルス感染症の主要な感染経路は飛沫感染と接触感染であると考えられています。2020年4月1日現在、食品(生で喫食する野菜・果実や鮮魚介類を含む。)を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されていません。

厚生労働省HP 新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け) 4月17日時点版より引用

情報は常に更新されています。最新情報をご確認ください。

まとめ 引き続き安心していただけるよう対策してまいります。

みなさまに安心して召し上がっていただけるよう、今後も社内外への感染リスクを避け、十分な安全確保のもとご注文を承りお送りさせて頂きます。何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

どうぞ安心してお召し上がりください。そして一日も早くコロナウィルスが沈静化しますように。

2020年4月17日 情報を更新しました。

*消毒に次亜塩素酸ナトリウムを使用する件

最近消毒用アルコールが手に入りにくくなっています。そのため作業場の机・スイッチなど人が頻繁に振れる箇所の消毒に次亜塩素酸ナトリウムを使用する場合があります。

この件について有機認証機関である愛農会さんから以下の点を守り使用すれば、有機小分けに問題ないことを確認の上使用しています。

  1. 次亜塩素酸ナトリウムの濃度を守る。
  2. 消毒用アルコールが入手できない場合の代用として期間限定で使用する。

 

  • 公開
  • 更新
  • カテゴリ お知らせ
  • タグ