人参ジュースにレモンを入れるのはなぜ?

人参にはビタミンCを破壊する酵素が含まれジュースにすると活性化します。レモンにはこの働きを抑える効果があります。国産の有機、または特別栽培レモンを人参ジュースと一緒にどうぞ。

人参の中にはビタミンCを破壊する酵素が含まれています。

人参の中にはアスコルビナーゼが含まれています。一緒に調理した他の野菜のビタミンCまで破壊しちゃうくらい元気な酵素です。特にすりおろしたり、ジュースにしたときは、人参の組織が破壊され空気に多く触れることよって、よりいっそうアスコルビナーゼが活性化します。このアスコルビナーゼの活性化を阻害し、にんじんのビタミンCを守るのがレモンの役目です。

ビタミンCは人参ジュースの大切な栄養素。せっかく飲むのだからビタミンCがたっぷり入ったジュースを飲みたいですよね。人参ジュースにはレモンを入れることをお勧めします。

レモンを入れる以外の方法はない?

にんじんを軽く下ゆでして、酵素を不活性化してから人参ジュースを作ればアスコルビナーゼはビタミンCを破壊しません。しかし、茹でる(人参を高温にする)ことで不活性化される酵素はアスコルビナーゼだけではありません。人参に含まれるすべての酵素が不活性化されてしまいます。またビタミンCなどの熱に弱いビタミンもなくなってしまいます。ゆでるのはお勧めできません。

またレモンに限らず酢も同様に活性化を阻害します。しかし、人参ジュースの味や香りが変わるのであまりお勧めしません。

レモンを加えるのが手軽で、人参ジュースの栄養をまるごと摂取できるので一番のお勧めです。

レモンをお勧めするもう一つの理由 それはおいしさ。

レモンをお勧めする理由、それは人参ジュースがおいしくなることです。しぼったそのままの人参ジュースを一口飲んでください。そのあとひとかけらのレモンを絞って味を比べてみてください。人参の嫌なにおいが消え、味もまろやかになり、人参の甘みが一層増して感じられます。とてもおいしいです。

人参だけのジュースをお飲みになられている方、ぜひ一度レモンを入れてお召し上がりになって下さい。とってもおいしいです。

アスコルビナーゼの活性を抑えることはレモンだけに限りません。酢でも代用できますが、人参ジュースが飲みにくくなります。(*)毎日続けるためにはおいしさは大切なポイント!人参ジュースをおいしく飲むためにもレモンはお勧めです。

レモンに限らず柑橘なら何でも

にんじんジュースに加えるのはレモンに限らず、柑橘でしたらなんでもOKです。甘夏は自己主張せず優しい味のジュースになります。ゆずやカボスなど季節を感じる果実も風流です。

文旦など果汁が多いかんきつも人参ジュースにはよく合います。

 

安全性にはこだわって

健康のために飲む人参ジュース。有機人参で作ったジュースだからレモン(その他の柑橘)も農薬には注意しましょう。最低限ノーワックス・ポストハーベストの心配がない国産の柑橘、有機・特別栽培のレモンなら安心してジュースに使えます。

ぶどうの木のレモンはおいしくて安全です。

まとめ 人参ジュースはレモンと一緒に

人参のジュースを作るときにはレモンをお忘れなく。できたてをすぐに飲むのが原則です。手つくり人参ジュースにはレモンを一緒にどうぞ。

無農薬・有機認証のジュース用人参はこちらから