おだやかな酸味のレモン瀬戸早生(せとわせ)

有明海を望む山の上で様々なかんきつ類が育つ熊本の鶴田有機農園この鶴田有機農園で大切に育てられたレモンのニューフェイス 「瀬戸早生(せとわせ)」を紹介します。

特徴

  • 9月初め真っ先に香りよく実る「早生種(わせしゅ)」のレモンです。
  • つるつるしたかわいい形です。特徴は通常のレモン(リスボン)より表面がツルツルしていて、形はまるめ。
  • 皮が薄くてやわらかい
  • 果肉も通常のレモンよりオレンジ色かかっています。
  • 原産地は揚子江の源流付近。みかんとレモンとの交配でできた品種とのこと。

使い方

  • 香りがまろやかですので、料理の香りを損なわずにレモンの風味をお楽しみいただけます。和風の料理に良くあう品種です。秋刀魚の塩焼きやぶっかけどんなどがおすすめです。
  • 酸味もまろやかですので、チラシ寿司や酢の物にも気軽にお使いいただけます。
  • にんじんジュースにレモンを入れる時、レモンの香りが気になる方にはこちらのレモンをおすすめします。

普通のレモンとの比較

写真左のオレンジ色のレモンが瀬戸早生、写真右が通常のレモン(品種はリスボン)です。

瀬戸早生は皮が薄く、皮の内側の白っぽい部分も薄い。果肉もオレンジ色で通常のレモンより柔らかめです。和風料理にぴったりのレモン瀬戸早生です。